寝屋川周辺で目撃多数!SNSでも話題の「ナショナルカー」。超ちっさいこのクルマの謎は…

突然ですが、街中でこのような車をみかけたことはありませんか?

コンパクトすぎるくらいコンパクトなサイズ感、そして1回見たら忘れられなさそうな、インパクト大のデザイン…!

この車、「bubu」さん(Twitterアカウント:@kaorububu501)という方がオーナーのマイクロカーでして、近年SNSなどで目撃情報があがり度々話題に。

↑ツイートがめっちゃバズったこともしばしば。ネットニュースなどでも何度も取り上げられたことがあるみたい。

この車は全国で見られているのですが、特に大阪、北河内あたりでの目撃情報が多いみたいで、私ゆうぽん@ねやつーも今年のはじめくらいからちょこちょこTwitterで拝見しておりました。

そんなある日、何気なくTwitterをみていたら…

ん?……

寝屋川市って書いてある……!

え、寝屋川ナンバーってことは寝屋川市に住んでる人なんじゃ? 

ということで、あらゆるツテを駆使して(※ひらつーのパートナー様にお知り合いの方がいらっしゃった)、bubuさんにお会いすることに成功。この車の実物を見てきました!

約束したのは10月某日。寝屋川市駅前で待ち合わせしていた私は、登場シーンを撮影するべく少し早めに来てスタンバイしていました。

すると、寝屋川市駅東側のロータリーに現れるめっちゃかわいい車。

もうひと目でわかるくらいに目立ちます。思っていた以上の小ささにちょっと笑っちゃいました(笑)

到着! 通りかかった人たちはすっごい二度見していました。

この日は休日で駅前に人が多かったので場所をちょっと移動してから、とりあえずご挨拶!

ゆうぽん

はじめまして〜! 今日はよろしくお願いします。

bubuさん

よろしくお願いします。

こちらがbubuさん。顔出しで取材に応じられるのはなかなかレアみたい!

ゆうぽん

この車、Twitterではたびたび拝見していたんですが、実物をみると思った以上に小さいですね(笑)さっそくなんですけど、車をどこかに停めてお話を伺いたいのですがよろしいですか?

bubuさん

よく言われます(笑)はい、大丈夫ですよ。

ということでパーキングに車を入れて喫茶店でお話を伺うことに。隣の車と比べたら、サイズ感といいカラーリングといい、まるでおもちゃみたい…!

ゆうぽん

さっそくなんですけど、bubuさんは寝屋川の人なんですか? 寝屋川市や周辺での目撃情報が多かったり、ナンバープレートが「寝屋川」になっていたりで、気になっていたんですが…。

bubuさん

はい、寝屋川市に住んでいます。イベントなどに行くことが多いので、全国各地で「車を見たよ」っていうお声はいただくんですけど、普段から普通に足として使っている車なので、やっぱり地元周辺で乗っていることが多いですね。

ゆうぽん

ええ!? 普通に足として使ってるんですか? それはびっくり。

この車って不思議な形ですよね、バイクにも見えるような…っていうか、そもそも車なんでしょうか?

bubuさん

これは1980年代に光岡自動車が販売したマイクロカーです。当時は原付免許で運転できたんですけど、現在は普通免許が必要になりました。

登録上の区分はミニカーになるので、道路交通法では自動車扱い、道路運送車両法では原付扱いというちょっと変わった立ち位置でして、車なのでヘルメットは必要ないし法定速度も60km。でも原付扱いの部分もあるので、車検や車庫証明などは不要、といったかたちなんです。

ゆうぽん

へぇ〜! まさしく車と原付のいいとこ取りなんですね。この「ナショナル」のデザインは元々なんですか?

bubuさん

いえ、これは僕が自分でカラーリングしました。

ゆうぽん

えっすごい! めっちゃ器用ですね! 内装もなんかレトロ感あっておしゃれです。

ゆうぽん

この、窓のところにあるパイプみたいなのはなんですか?

bubuさん

あっ、これは通気口です(笑)。この車は古いのでエアコンがなくって、風通しを良くするために自分で取り付けました。

ゆうぽん

なるほど(笑)いろいろ工夫されているんですね。そもそも、こういう車に乗ろうって思ったのは何かきっかけとかあったんでしょうか?

bubuさん

この手の車は全部で6台くらい所有してるんですけど、一番最初に買ったのは高校生の頃なんです。

ゆうぽん

えっ、6台!? その話題もかなり気になるんですけど後で聞かせていただくとして、高校生の頃に買ったということは、まだ車の免許は持っていなかったんじゃ? なぜなんですか?

bubuさん

僕の実家って当時あまり裕福な方ではなく、兄弟もいたので1人部屋がなかったんですよ。そんなときにボロボロのマイクロカーを貰う機会があって、それを家の前において部屋にしてたんです。免許もないし、そもそも動かないしで、もちろん乗って走ることはできなかったんですが、自分だけの秘密基地みたいな感じで(笑)

ゆうぽん

確かに、ちょっとした秘密基地感ありますもんね。

bubuさん

そう。それが始まりで、大人になってからは更に集めだして、それらを修理して乗るようになった、っていう感じですね。

ゆうぽん

それで、集めていく内に6台にまで増えたと?(笑)

bubuさん

そんな感じです。他の車は普段別の車庫に停めてるんですが、いろんなデザインのものがありますよ。例えばコレとか。

bubuさん提供 ※画像の一部を編集部で加工しています
ゆうぽん

わっ! すごい、ヤマザキパンや(笑)

bubuさん

このヤマザキパンカーは今日乗ってきたナショナルカーよりも更にコンパクトなんです。他にも、特に子どもに人気があるこんな車とかも。

bubuさん提供 ※画像の一部を編集部で加工しています
ゆうぽん

京阪電車の8000系じゃないですか〜〜!! しかも萱島行きになってる。

bubuさん

香里園行きになっているときもありますよ(笑)

bubuさん提供 ※画像の一部を編集部で加工しています
ゆうぽん

ほんまや、しかもさっきは特急やったけどこれは準急になってる。細かいところへのこだわりがスゴイですね(笑)。これはたしかに子どもが喜びそう!

bubuさん

そうなんです。子どもが集まるようなイベントに呼ばれることもけっこうあります。学校に出向いて、子どもたちと写真を撮らせていただいたこともあるんですよ。

bubuさん提供 ※画像の一部を編集部で加工しています
ゆうぽん

子どもにとってはいい思い出になりそうですね〜!

bubuさん

他にも、かつて徳島県にあった『日本最大のアンティーク喫茶店』で展示されていたマイクロカーなども所有しています。あの司馬遼太郎も来店して乗ったことがあるそうですよ。

ゆうぽん

そんなものまでお持ちなんですか…! すごい。

いろいろお写真見せていただきありがとうございます。

bubuさん提供
ゆうぽん

話は変わるんですが、bubuさんのマイクロカーは個性的なペイントが多いですよね。さっきご自身で塗っているってお聞きしましたけど、なぜこのようなデザインに?

bubuさん

車をデザインするにあたっては、僕の中で「見た人を笑顔にしたい」っていうコンセプトがあるので、基本はそこに沿って、あとはインスピレーションですね。
でも、そもそものきっかけは「寝屋川のまちを明るくしたい」ってところから始まったんですよ。

ゆうぽん

寝屋川のまちを明るくしたい、ですか? それはなぜ?

bubuさん

最初にペイントしたのは今日乗ってきた「ナショナルカー」だったんですが、あれをつくった数年前は暗いニュースが多くて、寝屋川では街も人もなんだか少し沈んだような雰囲気になってしまっていたんです。


そんなとき、まちのみんなを笑顔にできることはないかなって考えまして、車のペイントを思いつきました。
ちょうどその頃パナソニック(ナショナル)の100周年が近かったということもあって、かつてのイメージソングである『明るいナショナル』からコンセプトを得て、「明るい寝屋川」になるよう願いを込めてあのデザインにしたんです。

パナソニック本社、松下幸之助像の前で。bubuさん提供 ※画像の一部を編集部で加工しています
ゆうぽん

そんな深い意味が込められていたんですね…! 確かに、この車を見かけたら思わず笑顔になっちゃいそうですもんね。

bubuさん

そうでしょう。僕はマイクロカーでイベントに参加したり、時には主催したり、普通にドライブに行ったりと、東から西まで全国各地へ出向いているんですが、その土地に住む人を笑顔にしたいっていうのはもちろん、ナンバープレートの『寝屋川市』の文字をみて「寝屋川って面白そうなところだな」っていう、すこしでも楽しいイメージを持ってもらいたいなって思っています。

ゆうぽん

めっちゃ寝屋川のこと思って貢献くださっているじゃないですか…! なんかうれしいですね。ありがとうございます。

bubuさん

いえいえ。微力ではありますが、寝屋川というまちが少しでも明るくなれば嬉しいですね。

ゆうぽん

今日はありがとうございました!

そんな感じでお話は終了し、帰っていったbubuさん。

最初は、めっちゃ小さいカワイイ車が寝屋川にあるらしいから実物を見てみたい、という軽い感じで始まった取材だったんですが、いざbubuさんとお会いして話を聞いてみると予想以上にお話が深く、単なるマイクロカーが好きな人ではなく、めっちゃ地元愛に溢れた方だったということが判明。すんごい良い人でした。

みんな振り返ってみてる

以上、寝屋川周辺を走る謎のマイクロカーについてでした! bubuさんの車は今日もまちのどこかで走っているかもしれませんので、見かけたときは写真を撮って、ちょっとほっこりしてみては!

【関連記事】