LIFULL HOME’Sの「買って住みたい街ランキング2021」に香里園駅が4位、寝屋川市駅が5位にランクインしてる。行政区単位でも寝屋川市は14位

住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」(ライフルホームズ)の「住みたい街ランキング2021 近畿圏版」に、香里園駅と寝屋川市駅がランクインしています。

※寝屋川市駅

このランキングは「LIFULL HOME’S」が自社のサイトを分析し、ユーザーの検索・問合せ数(対象期間:2020年1月1日~12月31日)などから「実際に探されている街・駅」を明らかにしたものです。

イメージや憧れで選ばれる傾向の強い「住みたい街ランキング」とは異なり、居住を検討している人の行動が反映されているのが大きな特徴です。

分譲・中古住宅(買って住みたい街)と賃貸住宅(借りて住みたい街)の2部門で集計されており、より実態が分かるランキングとなっています。

上位100駅(京阪神地区)が公表された集計結果は、以下の通りです。

〈買って住みたい街ランキング〉
(1)本町(Osaka Metro御堂筋線・中央線・四つ橋線、2020年:1位)

(2)三ノ宮(JR東海道本線、2020年:32位)

(3)谷町四丁目(Osaka Metro中央線・谷町線、2020年:15位)

(4)香里園(京阪本線、2020年:7位)

(5)寝屋川市(京阪本線、2020年:9位)

(6)塚口(JR福知山線など)

(7)姫路(JR山陽本線など)

(8)北千里(阪急千里線)

(9)大阪上本町(近鉄奈良線・大阪線)

(10)桃山台(北大阪急行)
〜〜

(16)樟葉(京阪本線)

(21)枚方市(京阪本線・交野線)

(32)天満橋(京阪本線・中之島線、Osaka Metro谷町線)

(47)萱島(京阪本線)


〈借りて住みたい街ランキング〉

(1)三ノ宮(JR東海道本線)

(2)新大阪(JR東海道本線・おおさか東線、Osaka Metro御堂筋線)

(3)武庫之荘(阪急神戸本線)

(4)姫路(JR東海道本線など)

(5)江坂(Osaka Metro御堂筋線、北大阪急行電鉄)
〜〜

(21)京橋(京阪本線、JR大阪環状線など)

(25)寝屋川市(京阪本線)

(52)枚方市(京阪本線・交野線)

(55)香里園(京阪本線)

(57)萱島(京阪本線)

買って住みたい街ランキング借りて住みたい街ランキングより

HOME’Sの分析によると「買って住みたい街」の上位にランクインしている都心の駅は、大型マンションの開発計画があることから注目度が高くなったようです。

香里園駅(4位)と寝屋川市駅(5位)は「大阪市中心部へのアクセスの良さとベッドタウンとしての住み心地の良さや教育環境の充実など、年を経ても大きく変わることのないポジティブな要素が支持されている」みたいです。

大型物件の開発・分譲が終了すると順位を落とす傾向のある都心部と比べると、順位の変動は小さいのが特徴なのだとか。

ランキングは行政区単位でも集計されており、結果は以下の通りです。

〈買って住みたい行政区〉

(1)吹田市

(2)大阪市中央区

(3)枚方市

(4)西宮市

(5)尼崎市
〜〜

(14)寝屋川市(2020年:20位)

(30)守口市(2020年:31位)


〈借りて住みたい行政区〉

(1)尼崎市

(2)東大阪市

(3)大阪市北区

(4)西宮市

(5)姫路市
〜〜

(15)枚方市(2020年:15位)

(34)守口市(2020年:38位)

(35)寝屋川市(2020年:32位)

買って住みたい行政区ランキング借りて住みたい街ランキングより

「買って住みたい行政区」は全体的に大阪市内の行政区の順位が下がり、阪神間の行政区や寝屋川市(14位)の人気が高まったのが今年の特徴と分析されています。「借りて住みたい行政区」はベスト10の顔ぶれが変わらないなど、大きな変動はなかったのだとか。

総括すると寝屋川市は駅単位、行政区単位で見ても「買って住みたい」人が多いのは間違いなさそうです。

これらのデータは上位100位まで掲載されているので、詳しく知りたい方はLIFULL HOME’Sの公式ホームページをご覧ください。

【関連記事】
HOMESが「買って住みたい街ランキング2017」を発表(2017年3月)
売りたい町ランキングに寝屋川市と香里園がランクイン(2019年4月)
ハウスメイトのCMでIKKOが「寝屋川~!」と叫んでる(2020年1月)

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!