寝屋川市内にホタルっているの?いろんなところ探しに行ってみた【ねやつーレポート】

突然ですが、寝屋川市内にホタルっていると思いますか?

ホタルといえば「5~7月ごろの初夏の夜、きれいな水辺に幻想的に飛び交う虫」みたいなイメージがあります。

寝屋川とは特に関係のない高槻市のホタル

寝屋川市の水辺といえば、市内を流れる一級河川「寝屋川」が代表的ですが、それ以外にも川や池などさまざまな水辺があります。近年は川もかなりキレイになってきているとはいえ、それでもホタルが生息しているか? と言われると正直、「うーん…どうだろう」という感じ。

ということで今回、寝屋川市内にホタルかいるのかどうかを調査してみました!

※この記事はちょっと長いです。「結果だけ先に見たいよ!」という人は「結局ホタルはみれたのか?」から飛ぶと結果部分だけ見れますのでどうぞ!

ホタルってどんなところに住んでるの?

まずはホタルの生態について詳しく調べてみました。ホタルは「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」が一般的な種類であり、ヘイケボタルは比較的生息域が広いみたい。
また、

・主にカワニナなどの巻き貝を食べる
・暗いところを好む
・20時〜21時ごろ活発に動く
・気温は25℃前後、曇り、風がない、雨上がりなどの夜に多く現れる

などの情報も得まして、さっそく市内の当てはまりそうなところをチェック。

寝屋二丁目付近で撮影

河川寝屋川の源流部分に当たるたち川。交野市との市境にあることもあり自然環境がよいのでは? と期待して夜に見に行ったんですが、思った以上に周囲の環境が明るく、確認できず。

※写真は昼間撮影したものを使用していますが、ホタル調査は当然ながら夜間に行っています。

梅ヶ丘付近で撮影

続いて、四條畷市との市境あたりに流れる讃良川。こちらも同じく自然環境がよいのではと思い見に行ったんですが、やっぱりおらず。このあと同じ讃良川でも楠根付近で流れるところも見に行きましたが、そっちは草木が少なくていなさそうな雰囲気。

この時点で思い当たるスポットがなくなってしまったので一旦帰宅し、ネット上になにかしら情報がないかを再度調べてみることに。

そこで「寝屋神社付近」「打上川」「高宮神社付近」の3ヵ所にホタル生息の可能性があるとの情報を得まして、寝屋神社付近は先程たち川の調査でウロウロしたんですがホタルがいそうな場所がなかったので「打上川」「高宮神社」に絞って再度捜索!

寝屋川公園周辺の打上川。夜は街灯がけっこう明るく、どうかなーと思いつつも寝屋川公園内を流れる部分を中心に確認したんですがやっぱりおらず。

こちらは高宮2丁目の権現堂池。「高宮神社付近」の水辺ってのがはっきりとわからず、地図で見て近そうなコチラに行ってみましたが、結果は……言わずもがな。(いない)

ここらへんで「ホントはいるけど私の目では見えていないのでは?」という疑心暗鬼に陥ります(笑)

気を取り直してさらに情報収集を重ねたところ、『三井遊水池』『高宮廃寺跡付近』でここ数年でホタルが目撃されているとの情報をゲット!

三ツ池

この『三井遊水池』というのがどこのことかわからないので、ひとまず三井周辺の池ということで三ツ池、四方黒池、国松公園周辺の池数カ所などを回ってみました。

国松中池
四方黒池

が、いずれもホタルは確認できず。

続いて高宮廃寺跡がある大杜御祖神社の境内へ。水辺がどこにあるのかわからず、更に「高宮廃寺跡」という名称からも想像できる通り周辺はかなり鬱蒼としていて夜に一人でココに来るってことを想像するとちょっと腰が引けてしまったということもあり一旦撤退。

このあたりでホタル調査も3日目に突入していまして、「やっぱり寝屋川にはいないのでは?」と思い出した頃、ひょんなことで「ねや川水辺クラブ」の会長さんにお声掛けさせていただきまして、ホタルの生息について質問してみました。

ねや川水辺クラブ」とは?
淀川や寝屋川流域における水辺に関する活動を行っている市民団体さん。市との取り組みとして「クリーンリバー寝屋川」なんかも行っていて、寝屋川市内の水辺自然・生物環境の保全になにかと努められている方々。

すると、寝屋川市内でここ近年は確かに『三井遊水池』『高宮廃寺跡付近』でのみ生息が確認されているとのこと。いずれも私も見に行ったんですが、場所が微妙に外れていたみたいで、正確な場所を聞いて再度見に行ってみました。

1ヵ所目のスポット「三井遊水池」。三井団地にあるため池です。住所でいうと三井が丘4丁目あたり。

たまたま、ねや川水辺クラブ会長さんもホタルの生息数調査に来ていまして、ご一緒させていただき観察してみました。かなり奥の方には飛んでたみたいなんですが、この日は目視では確認できず。ここはフェンスがかなり高いのでいたとしても撮影するのは難しかったかもです。

チラホラと近隣住民の方も見に来ているようでした。

結局、ホタルは見れたのか?

2ヵ所目のホタルスポット「高宮廃寺跡」へ向かいます。昼間に見に来たときあまりに雰囲気ありすぎて、正直「夜に一人では来れないな」とビビっていたので会長さんが同行してくれてホッとしていました。

水辺に近づいて目を皿にして探します。……すると、草むらの間になにやら点滅する光が。

ホタルいる!!

やっと発見した喜びに浸るのもそこそこに写真を撮るべく奮闘。ホタルの撮り方を事前に勉強してきて、三脚もバッチリ準備していたんですが、ものすごく足場が悪い&草木の隙間でわずかに見え隠れするホタルという状況でマトモに三脚を使うことができず悪戦苦闘。(言い訳)

会長さんの服にとまるホタル

当たり前ですが真っ暗なので手元も見えない中、周辺に飛び交う虫にビビりながら四苦八苦しつつも、会長さんの服にホタルがとまるというミラクルもあり、なんとかそれっぽく撮影できました。

↑自分的ベストショット。ホタルの光だけじゃなく昆虫っぽいシルエットも感じられる点がお気に入り。

動画も撮りましたんでよければどうぞ↓(※手ブレ注意)

後日、三井遊水地の方に再び行ってみたところ、ホタルがいることを目視で確認できました! が、ロケーション的にやはり撮影が難しかったので、ねや川水辺クラブ会長さんにお借りした写真を紹介します。

三井遊水地のホタル。ねや川水辺クラブ会長さんが2021年に撮影

てな感じでずいぶんと長くなってしまいましたが、以上が寝屋川市のホタル調査でした。結論的に「ホタルはいた」ってことで嬉しい結果ではありますが、ねや川水辺クラブ会長さんにお話を聞いたところ、確認できる数は年々減ってきているみたい。

ホタルを守るために「ホタルの生息場所を公開しない」という考え方もあるみたいなのですが、寝屋川市においては市内にホタルがいると認識している人のほうが少ないです。

そのため、ねや川水辺クラブではあえて『寝屋川市にホタルがいる』ことを発信することで、近隣住民や市などへの認知度を高め、近隣環境の保全のための協力を仰いでいければ、とのことでした。

また、ホタル観察においては「人工の光をあてない」「ホタルを捕まえない」などのマナーがありますので、行かれる際は以下のサイトも確認してみてください。

ねや川水辺クラブ」さん、ご協力ありがとうございました!

【近隣市のホタル】