高齢者の交通系ICカード購入補助事業が2018年度も始まる。2000円以上の入金で1500円を支給

寝屋川市が10月1日(月)から高齢者向けに交通系ICカードの購入補助事業を開始しています。

P1610546

ICOCAやPiTaPaなどの交通系ICカードに2000円以上チャージ(または購入)した場合に1500円を交付するというもので、高齢者の外出を促して介護予防につなげる狙いがあるようです。

概要は、以下の通りです。

①対象者
・満65歳~74歳(9月1日時点で寝屋川市の住民基本台帳に記載)で2017年度分の市民税が非課税の人
・満75歳以上(同)の人

②対象期間
・2018年10月1日~12月31日

③交付の申請の受け付け期間
・2019年1月11日(必着)まで

昨年度と同様に公式ホームページに掲載されている申請書に必要事項を記入して提出すれば、1500円が振り込まれるというものです。

年度内に1回までの交付とはいえ、ずいぶんと思い切った施策ではないかと思います。昨年度(金額は1000円でした)の場合、5万3479人中6731人の申請(申請率12.6%)があったそうです。

領収証はチャージした時のものを添付する決まりなので「買い物にも使えるやん!」というわけですが、高齢者の閉じこもり防止が制度の狙いみたいですよ。

500円の自己負担で2000円分使えるお得な制度を、ぜひ利用してみては。

【関連記事】
京阪バスがICOCA、PiTaPa以外のICカードの利用を開始へ(2016年3月)
京阪バスが磁気カードの利用停止を発表。代わりにICカードを活用した新しいポイントサービスを開始へ(2017年2月)
寝屋川市が家庭用防災グッズの購入を半額補助(2018年7月)

※「ふぅ」さん、情報提供ありがとうございました!