いま話題のゲーム「ウマ娘プリティーダービー」でも人気の元競走馬・『ナリタブライアン』のナリタは「成田山不動尊」が由来

往年の名馬「ナリタブライアン」の名前は、寝屋川市にある『成田山不動尊』が由来なんだそうです。

画像は「ナリタブライアン | 競走馬データ」より

ナリタブライアンは、中央競馬史上5頭目のクラシック三冠馬。「シャドーロールの怪物」の異名で知られていました。馬主は故・山路秀則さん。枚方市で「株式会社ヤマジ」という会社を経営していた方で、元調教師のブログによると会社は現在も親族が引き継がれているとのこと。

※成田山不動尊

そんな「ナリタブライアン」ですが命名の際に、当時山路さんの自宅近くにあった『成田山大阪別院明王院』から「ナリタ」と名付けたんだそうです。

ナリタブライアンは1990年代の競走馬界で活躍した往年の名馬ですが、最近流行しているスマホゲーム「ウマ娘プリティーダービー」の人気にともなって、じわじわと若年層に知名度が広がっているみたい。

画像は「ウマ娘プリティーダービー」公式サイトより

↑「ウマ娘」のナリタブライアン。プロフィールによると、『走り以外に興味はなく己がうちの乾きを癒すことだけを求めて疾走する』んだそう。ス、ストイック……!

今後いっそう人気に火が付けば、成田山不動尊が聖地巡礼の場になるのかも?

【地図】成田山不動尊

【関連記事】
成田山不動尊で「厄除け祈願大祭」が行われてる。表門前には露店も(2021年2月)
成田山の節分祭に来たことのあるAKB48の元メンバーは誰?【寝屋川クイズ#202】