寝屋川市が夏休みの留守家庭児童会を7:30から受け入れ開始。府内の自治体では最も早い試み

寝屋川市が夏休みの留守家庭児童会(学童保育)の受け入れ開始時間を今年から午前7時30分に繰り上げました。

01.写真4
※寝屋川市企画三課提供(一部修正)

留守家庭児童会は、共働き家庭などの小学生を放課後や長期休業中に預かり、遊びや生活の場を提供する公設公営の制度です。

これまで寝屋川市の長期休暇期間中の受け入れ開始時間は午前8時でしたが、保育所の受け入れ開始時間(午前7時30分)と差があることもあり、利用者から繰り上げの要望が出ていました。(1月のアンケートで「早めてほしい」と答えたのは利用者の約34%に当たる472人)

寝屋川市によると、新しい受け入れ時間は府内の自治体が運営する留守家庭児童会で最も早く、初日の8月3日(月)は8時以前に128人の利用がありました。
01.写真1
※寝屋川市企画三課提供(一部修正)

寝屋川市は今後も子育て支援策や子供の安全を守る施策に力を入れていきたいとのこと。

【関連記事】
寝屋川市が市立学校園の休校に伴い、自主登校園を設置(2020年3月)