寝屋川市が市内の医療機関にマスクを無償提供!新型コロナウイルスの流行によるマスク不足で

寝屋川市が市内の各医療機関(病院、診療所、歯科診療所、薬局)に対し、災害備蓄用のマスクの一部約10万枚を無償提供することを決定しました。


マスク無償配布
※寝屋川市企画三課提供

世界的に流行する新型コロナウイルスの影響で寝屋川市内でもマスク不足が生じているための措置で、市場においてマスクの安定的な供給が行われるようになるまでの間、医療現場での2次感染を防ぐ狙いがあります。

寝屋川市によると、無償配布(約10万枚)の内訳は以下の通りです。

・病院(2000枚×14病院)
・診療所(200枚×約150か所)
・歯科診療所(200枚×約100か所)
・薬局(150枚×約100か所)

これらのマスクは2月6日(木)から順次、各医師会(市医師会、市歯科医師会、市薬剤師会、市病院協会)を通じて各医療機関に提供するとのこと。

【関連記事】協定の締結
JR西とのまちづくり連携協定(2018年11月)
ミズノとのスポーツ振興協定(2018年12月)
寝屋川警察署、寝屋川防犯協会との協定(2019年2月)