寝屋川高校野球部がツイッターで「『たまたま』ではなく『狙って』甲子園出場をめざす」プロジェクトを投稿してる。朝日新聞の記事でも話題に

寝屋川高校硬式野球部がツイッターやインスタグラムなどのSNSを積極的に活用しているとして、話題になっています。

ツイッターは野球部の監督(寝屋川高校出身)が自身の名義で行っているもので、「中学生やOBの方、地域の方を始め多くの方に野球部の取り組み方を知ってもらえるように始めました。カッコいい野球で『自分たちの努力の正しさ』を証明します」とトップページに書かれています。

一番上には「大阪の公立高校が計画を立てて実行することで『たまたま』ではなく『狙って』甲子園出場をめざす。」というツイートが固定されていて、高い目標を掲げているのが伝わってきます。

寝屋川高校は地元では進学校として知られていますが、硬式野球部は2018年の全国高等学校野球選手権の北大阪大会でベスト8入りした実績などがある公立屈指の野球強豪校です。このツイッターは他校にない取り組みを実行して甲子園を目指すプロセスが投稿されているのだとか。

時には外部の人の指導も参考にする寝屋川高校硬式野球部のSNSの活用は話題になり、朝日新聞でも大阪桐蔭苦しめた公立進学校、SNS駆使しプロジェクト(2月14日配信)として取り上げられています。

関心のある方は朝日新聞の記事やSNSをチェックしてみてください。

【地図】

【関連記事】
寝屋川高校は1957年に甲子園で王貞治と2度対戦(2015年6月) 
同志社香里高校ダンス部が高校野球のCMに出演!7月中旬から全国で放送中!(2015年7月) 

※「寝屋川市民」さん、「…」さん、「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!