ペルセウス座流星群が8/13(金)未明に見ごろを迎えるみたい。8年に一度の好条件も寝屋川市の天気予報は雨

真夏の夜空に多くの流れ星が出現するペルセウス座流星群が8月13日(金)未明に極大(ピーク)を迎えます。

※出典:国立天文台(事前の許諾なく利用できる画像)

ペルセウス座流星群(Wikipedia)は、しぶんぎ座流星群(1月)とふたご座流星群(12月)に並んで流星数が多い年間三大流星群のうちの1つです。

毎年この時期に1時間当たり30~60個もの流星が飛び交うことでお馴染みで、今年は最大で50個程度観測できる8年に一度の好条件だと期待されています。

国立天文台の発表(7月30日)によると、見ごろを迎えるのは8月12日(木)の夜半頃から13日(金)の明け方にかけて。東京では13日(金)午前3時台が最も活発になるようです。

動画でそのイメージをご紹介すると、こんな感じ。

観測のポイントは、街灯や月明かりの少ない地点を探すことだそうです。方角を気にする必要はなく、夜空全体を広く見渡して探すと良いそうです。

ペルセウス座流星群に関する情報について詳しく知りたい方は、国立天文台の公式ホームページをご覧いただきたいのですが…、

気になる寝屋川市の天気は、12日(水)が雨時々曇り(降水確率80%)、13日(木)が雨(降水確率90%)の予報となっています。暑さが和らぐのは嬉しいですが、天体観測するにはマイナスの条件と言えそうです。

運が良ければ観測できるかもしれません。真夏の流星群に関心のある方は、ぜひ!

【関連項目】天体観測に関する記事
市内で観測された月面X(2021年4月)
・皆既月食(2014年10月2018年1月
・部分日食(2019年1月2020年6月