落語家の笑福亭仁鶴はむかし寝屋川に住んでいたことがあるみたい。「大阪ほんわかテレビ」などでおなじみ

落語家の笑福亭仁鶴さんは、むかし寝屋川に住んでいたことがあるみたいです。

画像は吉本興業公式サイトより

笑福亭仁鶴さんは上方落語界の重鎮。タレントとしてバラエティーなどにも多数出演されていまして、代表として『大阪ほんわかテレビ』や、「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ」のキャッチフレーズが有名な『バラエティー生活笑百科』などの出演が知られています。

そんな笑福亭仁鶴さんですが、むかし寝屋川市に住んでいたことがあるそうです。

ソースは奥様である故・岡本隆子さんの著書・「そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る」のP.212〜213。そこには、

新居だと案内されたのは、京阪電車の寝屋川市駅から徒歩で五〜六分、六軒ずつ向かい合わせに建っている棟割長屋の一軒であった。ご丁寧にも、横手に青々とした田んぼが広がっていた。

引用元:「そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る

と、記載がありました。1967年(昭和42年)、奥様と結婚した当時に新居として住んでいたのが寝屋川市だったみたいです。

寝屋川市のどこなのかは不明だったのですが、当時ご近所に住んでいたという読者さんからいただいた情報によると、大利元町のあたりとのこと。あの辺であれば確かに駅から徒歩5分くらいですね! 

現在、仁鶴さんは高齢ということもあり体調面を考慮して芸能活動を休止されているみたい。まだまだお元気でいてほしいですね。

【関連記事】
俳優の内藤剛志はむかし香里園に住んでいたそうな。代表作には「科捜研の女」「警視庁・捜査一課長」など刑事役が多数(2021年6月)
ジャパネットたかたの創業者はむかし寝屋川の香里園に住んでいたらしい(2021年6月)
寝屋川出身の有名人一覧【ねやつーまとめ】

※「成美小体育館授業→池田小組」さん、情報提供ありがとうございました!