「淀川河川公園フォトコンテスト2021」が実施されてる。今年のテーマは「わたし流、公園の楽しみ方」。応募は11月末まで

淀川河川公園が「淀川河川公園フォトコンテスト2021」を開催しています。

淀川河川公園フォトコンテストより

大阪府、京都府内にある淀川河川公園(28地区)内で撮影、または淀川河川公園内一部を被写体として撮影された写真を募集するコンテストで、今年で5年目を迎えるようです。

今年のテーマは「わたし流、公園の楽しみ方」です。

<これまでのテーマ>
・2017〜2020年:あなたが好きな淀川河川公園の風景
・2020年:みんなに紹介したい私の淀川河川公園
・2021年:わたし流、公園の楽しみ方

淀川河川公園コンテスト2021より

コロナ禍で外出の機会が減る中、日常生活の一部として公園を利用する多くの人が見られたことから、このようなテーマの写真を募集することになったのだとか。

<今年特に募集に力を入れている写真>
・入選(インスタ):朝日や夕日をバックにインスタ映えする写真
・ファミリー賞:公園で撮影した家族の思い出写真
・新生活賞:「新しい生活様式)での公園の利用方法、魅力などの写真

淀川河川公園コンテスト2021より

写真は常時ではなく、季節的または一時的な風景でも可。また自然だけでなく、人工物(橋や文化財など)も風景対象となります。

※読者提供(7月29日の記事で紹介)

応募期間は11月30日(火)まで。結果発表は2022年1月末ごろを予定し、最優秀作品には「淀川河川公園賞」(賞状+1万円相当賞品)が贈られるとのこと。(他にも特選、入選、ファミリー賞、新生活賞、佳作を設定)

インスタグラムからの投稿もOKということなので、スマートフォンで撮影した写真も気軽に投稿できるのではないでしょうか。

関心のある方は淀川河川公園の公式ホームページをご覧ください。

【関連記事】
木屋元町の「生物多様性センター」が天然記念物のイタセンパラを栃木県の水族館に貸し出してる。出発式やセンター内の展示物を見てきた(2021年7月)