モノレール大日駅に可動式ホーム柵が設置されてる。2/20(土)から稼働したみたい

大阪モノレール大日駅(守口市)に線路への転落を防ぐための可動式ホーム柵が設置されました。

2月19日(金)までは調整中のためドアが開いたままの状態でしたが、20日(土)の始発から稼働を開始した模様です。

可動式ホーム柵は地上側のセンサーにより、自動で開閉する仕組みです。

車両側のドアより稼働がワンテンポ遅く、車両のドアが閉まってから閉まり始める印象でした。

大阪モノレールの駅に可動式ホーム柵が設置されるのは、大阪空港駅や南摂津駅などに続くものです。

寝屋川市内から最も近い可動式ホーム柵が見られる駅となりました。

【地図】

【関連記事】
モノレール大日駅にある三洋電機のロゴが入ったステンドグラス(2020年10月)