寝屋川市内のガソリン価格がコロナ前より15円/Lぐらい安くなってる!底値は収束する時期?

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による外出自粛を背景にガソリンの小売価格が値下がりを続けています。

P3200807

資源エネルギー庁が4月22日に発表した店頭価格(4月20日時点、全国平均)は130.9円/Lで、13週連続の下落となりました。

その後も下落を続けていて、寝屋川市内のガソリンスタンドを5月6日(金)に見て回ると、だいたい125円/L(通常価格)ぐらいのところが多かったです。

・出光(日新町)
P3200806

・ENEOS(宇谷町)
P3200810

P3200811

新型コロナウイルスが流行する前は140円/Lぐらいしていたことを考えると、15円/Lぐらい安くなったことになります。(新型コロナウイルスが収束する時期=底値ということでしょうか。)

自宅で過ごす時間が増えているので、電気代なども安くなると嬉しいですね。


【関連記事】
・ガソリン価格(2014年4月2015年1月2016年2月)