巣本にあった「源ぺい」の建物が解体されて更地になってる。2020年6月に閉店したフレンドリーグループのお店

門真市巣本町の「源ぺい巣本店」だった建物が解体されて更地になっています。

「源ぺい」は、運営元の「フレンドリー」(本社:大阪府大東市)が新型コロナウイルス感染拡大の影響により全70店舗(香の川製麺、源ぺい、新・酒場なじみ野、つくしんぼうなど)のうち40店舗を閉店する方針を打ち出し、2020年6月に全店舗が閉店した経緯があるブランドです。

同店があった場所は、寝屋川市内から府道21号八尾枚方線を南下し、巣本交差点を越えた所です。(写真左)

※大東方面を向いて撮影

解体前は、こんな感じでした。

※2020年6月撮影
※2020年6月撮影

現在は土がむき出しの状態になっています。


セブンイレブンの駐車場としては広すぎる印象を受けるので、再びお店が進出するのを期待したいところですが、現在の社会状況を考えると難しいのかもしれません。

跡地の利用方法が分かれば、再びお伝えしたいと思います。

【関連記事】同じ場所の記事
巣本のハッピーコングが閉店、解体されて更地に(2015年11月)
巣本交差点横にセブンイレブンが開店(2016年2月)