寝屋川市駅に6両の停車位置目標が設置されてる。萱島駅には車掌用のモニターも

京阪寝屋川市駅の線路に6両編成の車両の停車位置目標が設置されているのを見つけました。

6両 停車位置-6

京阪本線は現在全ての車両が7〜8両で運転されているので、存在しない車両の停車位置目標があるということになります。

線路脇に設置された看板を詳しく見ていきたいと思います。
6両 停車位置-5

京都方面行きの場合、一番奥にあるのは「7、8」と書かれた看板です。
6両 停車位置-7

2両手前にある「4」の看板は、交野線・宇治線の車両用ですね。本線に直通する営業列車はないので、非常用でしょうか。
6両 停車位置-8

その間にあるのが「6」の看板です。(「5」の看板はありませんでした。)
6両 停車位置-6

萱島駅には「4、7、8」の看板しか見当たらなかった(下の写真)ので、寝屋川市駅の「6」の看板は最近設置された可能性がありますね。
6両 停車位置-3

萱島駅の京都方面行きホームでは、既存の確認モニターの1両前に調整中のモニターがあるのを発見。
6両 停車位置-1

2019年の写真には写っていないので、
P2820437

このモニターが最近設置されたのは間違いなさそうです。
6両 停車位置-2

京阪からの公式発表はありませんが、6両編成の車両が導入される可能性があるかもしれません。

今後の動きを見守りたいと思います。

【関連記事】萱島駅に関する記事
・エスカレーター(撤去前工事中撤去後
・喫煙コーナー廃止(予告編撤去後の様子