府道18号線の拡幅事業(寝屋川市駅~西小)が2024年度の完成に延期。2020年8月現在の用地取得率は60%程度

寝屋川市駅前〜高柳交差点で事業中の都市計画道路対馬江大利線(府道18号線の拡幅)の完成時期が2024年(令和6年)度末に延期されたことが分かりました。

対馬江大利線 2020年8月-18

当初は2020年(令和2年)度末までの予定でしたが、事業用地の取得の遅れや橋梁部の工事の長期化判明などを受け、大幅に遅れることになったようです。
対馬江大利線 2020年8月-9

発表(広報ねやがわ9月号)によると、現在の進捗状況は以下の通りです。

〈進捗状況〉
・取得面積:5400/9800㎡(約55%)
・取得件数:55/90件(約61%)
※2020年8月18日現在の数値 

現地の様子を寝屋川市駅から見ていきたいと思います。
対馬江大利線 2020年8月-4

大利橋を渡ると、左手に更地が広がっています。(寝屋川市駅〜寝屋川南病院付近は南側に拡幅)
対馬江大利線 2020年8月-8

対馬江大利線 2020年8月-7

この辺りにあったお店(閉店:298、移転:ネオブライス松寿司磯平など)は多くが閉店or周辺に移転しました。

しばらく行くと、多くの建物が残った状態になっています。(柳谷歯科医院は移転済み)
対馬江大利線 2020年8月-25

更に進んだところにあるベル大利商店街〜池田本通商店街は、全ての建物(焼肉いろは館の入っていた建物や)が解体されて更地が広がった状態です。この場所が最も事業が進捗している地域かもしれません。
対馬江大利線 2020年8月-5

対馬江大利線 2020年8月-6

対馬江大利線 2020年8月-10

池田本通商店街の交差点を過ぎると、一旦空き地が少なくなりますが、所々住宅が歯抜けになっている感じです。
対馬江大利線 2020年8月-21

対馬江大利線 2020年8月-1

対馬江大利線 2020年8月-2

デイリーヤマザキの跡地付近から府道は両側に拡幅され、
対馬江大利線 2020年8月-23

対馬江大利線 2020年8月-12

長栄寺やJAの手前で拡幅予定地は右側に変わります。長栄寺-1

この辺りで用地が取得済みなのは、高柳交差点の北東角などです。
対馬江大利線 2020年8月-13

全体的に見ると、50%以上の地域(主に駅側)とそれ以下の地域(主に高柳交差点側)があるような印象でした。(工事は以下のように第1〜4期に分けて進められます。)
スクリーンショット 2020-08-31 17.18.23
※出典:広報ねやがわ9月号

都市計画道路対馬江大利線は、狭いバス通りや密集住宅地区を解消するために計画された府道18号線の拡幅事業です。

〈整備済み〉
・寝屋川市駅〜大利橋付近
・距離:約190m

〈事業中〉
・大利橋付近〜高柳交差点
・距離:約850m
・施行者:寝屋川市

〈計画中〉
・高柳交差点〜対馬江南町交差点 
・距離:約590m
・施行者:大阪府 

開通時期が4年伸びることになりましたが、今後も少しずつ進むとみられる事業の進捗を見守りたいと思います。

【地図】

【関連記事】
対馬江大利線の都市計画が変更されて道路幅が20mに(2015年7月)