ゆるキャラ「はちかづきちゃん」が25周年!全国的にも老舗キャラクターだった!

寝屋川市の公式マスコットキャラクター「はちかづきちゃん」が、2015年で25周年を迎えるそうです!

P1430007
※メモ帳を撮影

「はちかづきちゃん」が登場したのは、鶴見緑地で「国際花と緑の博覧会」が行われた1990年(平成2年)のことでした。広報ねやがわ(2015年7月15日発行)によると、花博会期中の7月30日に記念日が制定され、市民にマスコットキャラクターを募集することになったそうです。

制定された「はちかづきちゃん」は、郷土の民話「はちかづき姫」をモデルとしています。市の木(サクラ)と花(バラ)も描かれており、積極的に寝屋川市の魅力をアピール!

P1410176
※香里園駅前にあるデザインマンホール

それ以来25年間にわたってイベントなどで活躍してきました。

こうしたご当地キャラクターは「ゆるキャラ」と呼ばれ、2010年に始まった「ゆるキャラグランプリ」がブームの火付け役として有名です。実際に全国的な有名キャラクターは、その前後に生まれたものが多いです。

・ひこにゃん(滋賀県彦根市、2006年~)
・バリイさん(愛媛県今治市、2009年~)
・くまもん(熊本県、2010年~)
・ふなっしー(千葉県船橋市、2011年~)
※筆者調べ

こうしてみると、「はちかづきちゃん」は、なかなかの老舗であることが分かりますね。(年齢的に筆者とほぼ同世代…。汗) 

最近のゆるキャラとは少しテイストが異なるようにも感じますが、地元の魅力をアピールする志は変わらず!

これからも寝屋川市のゆるキャラとして、活躍が期待されます。
 

【関連記事】
ゆるキャラグランプリ2014が終了!はちかづきちゃんは629位!(2014年11月) 

カテゴリ : 話題 

この記事へのコメント

1. あたす   2015年07月14日 12:23
そもそもゆるキャラの枠じゃないような
2. 筆者のマー君   2015年07月14日 21:32
>あたすさん
コメントありがとうございます!
ゆるキャラグランプリには毎年出ているのですが、ゆるキャラという概念がなかった時代に誕生しているので、その辺は微妙なところだと思います(笑)
3. ごま   2015年07月15日 19:51
意外と古参なんですね鉢かづきちゃん(笑)
藤田和日郎さんの月光条例という漫画に鉢かづき姫が登場しているんです。姫という枠を超えた活躍をしていますよ。
その漫画で鉢かづき姫を知ったので、寝屋川に引っ越してきたらまさかのルーツの地だったのでびっくりしました(笑)
4. あいあい   2015年07月15日 22:48
はちかづきちゃんはイラストと着ぐるみ
あと、ちょいちょい色んな場所に設置されている石の道案内や壁にあるデザインが全て違う所がすごい