【中1男女殺害事件】1審で死刑判決の被告が控訴を取り下げ。死刑が確定

2015年8月に寝屋川市の中学1年生2人が誘拐後に殺害された事件、2018年12月に大阪地裁(1審)で死刑判決を受けた被告(49歳)が控訴を取り下げたことが分かりました。 

P1420347
※資料写真(2015年6月撮影)

被告の死刑が確定したとして、新聞やテレビなどが一斉に報じています。

寝屋川中1男女殺害、死刑が確定 被告が控訴を取り下げ(朝日新聞、5月21日配信)

寝屋川の中1男女殺害、死刑確定…被告が控訴取り下げ(読売新聞、5月21日配信)

大阪・寝屋川中1男女殺害、死刑判決が確定 控訴取り下げ(日本経済新聞、5月21日配信)

取り下げの理由は報じられておらず、死刑が言い渡された1審判決のおさらいを書いている記事がほとんどの印象です。

事件の詳しい内容については各記事を見ていただきたいのですが、被告は取り調べで一貫して黙秘を続け、裁判でも土下座して殺意を否定していた(被告は即日控訴)だけに、意外な形で死刑が確定しました。

直接的な証拠などが分からずじまいなのが残念ですが、事件は1つの節目を迎えたと言えそうです。

【関連記事】
高槻で見つかった遺体は寝屋川市内の女子中学生。同級生の男子生徒も行方不明(2015年8月18日)
死体遺棄容疑で40代の男を逮捕。男性とも遺体で発見か(2015年8月21日)
中1男女殺害事件の被告に死刑判決(2018年12月)

※「Takachan」さん、情報提供ありがとうございました!

カテゴリ : 時事 

この記事へのコメント

1. ななし   2019年05月21日 22:59
寝屋川が安心して住める街になりますように
2. ひろき   2019年05月22日 07:57
早く刑が執行するように
3. たぬき   2019年05月22日 17:58
報道では刑務官に叱責されたことがきっかけで控訴取り下げしたようですが、本当ならば罪を認めて反省はして欲しかったと思います。
「もうどうでもいい」なんて子供が亡くなっているのにとても悲しくて腹立たしい発言です。
4.     2019年05月22日 21:27
口封じでしょうなあ
5. 寝屋川市民   2019年05月22日 23:52
命に重い軽いはない
子供の命もこの人の命も…等しい

死刑で罰するなんて、世界的に見ても非道と指摘されてるのに
日本の死刑制度は変わらない

事件の内容から見て
本当に犯人だとしても
心情的には死をもって…とはいうけれど
彼も1つの命なのに

生きて罪を償い続ける…のは今の日本では無理なのでしょうかね?
6. きれいごと、そして、理想論   2019年05月23日 23:17
>>5
自分の家族や親戚が、このような犯罪者に命を奪われたとしても、罪を犯した人間を等しい命と思えるのでしょうか。

命を奪われた人の尊厳や無念、家族のやり場の無い怒りや悲しみはどうなるのでしょうか。

そもそも、この男が犯した罪は非道ではないのでしょうか。

同じような犯罪を犯す馬鹿者が出ないためにも、尊い命が奪われることを抑止するためにも、この男が再び塀の外に出て被害者が出ないようにするためにも、法律に則って粛々と罪を償わせることはそんなに悪いことなのでしょうか。

尊い命を2つも奪った人間が、善良な市民が収めた税金で食うもの着るものに困らず、のうのうと生き続けられる世の中で良いのでしょうか。
7. え?   2019年05月24日 07:17
>>6

>>6

死刑になった方が勤労義務もないから税金でタダ飯食うことになるんですよ?

そもそも刑法の成り立ちは被害者感情ではなく客観的なものであるべき。
感情がどうのって言うなら民事で訴えて賠償請求するべき。
もちろんそれで遺族の怒りや感情が収まるわけではないでしょうが。

銀行から1億円騙し盗ろうが、身寄りのない人から騙し盗ろうが量刑はまず同じですし、罰金1億円ってことにもならないでしょ。
8. けんじ   2019年05月24日 09:44
>>5
ご自身が殺害されても加害者を許すことができるんですか?
9. 通りすがり   2019年05月24日 18:43
>>6
絶対にこういう反論的な意見するやつが出てくると思ったわ