豪栄道関が夏場所13日目で角番脱出!次の名古屋場所も大関で参戦へ

東京の両国国技館で行われている大相撲・夏場所13日目(5月26日)で、大関・豪栄道関(境川部屋、寝屋川市出身)が白星を挙げて8勝5敗の成績とし、角番(負け越すと次の場所で番付が下がる状態)を脱出したことが分かりました。

P2020736
※資料写真(日之出町の境川部屋の朝稽古)

この日の取り組みは、前頭4枚目・宝富士関(伊勢ヶ濱部屋)戦でした。宝富士関が得意としている左四つ・寄り(wikipedia)を決められそうになりながらも、寄り切りで勝利しました。

豪栄道関は1月の初場所(両国国技館)12日目に
右足首をねんざし、残りの3日間を休場(13日目の不戦敗を含めた成績は8勝5敗2休)。次の春場所も本調子ではなく、途中休場して1勝4敗10休の成績に終わっていました。

今場所は自身5度目の角番だっただけに、大関陥落の危機から脱出できて良かったと思います。

昨年の秋場所で
全勝優勝して綱取りも狙っていた実績があるだけに、次の名古屋場所では再び優勝を目指してほしいものですね。

【関連記事】
・宇良関(
角界入り序の口優勝新十両昇進新入幕
・境川部屋の朝稽古(
2015年2016年2017年
・豪栄道関(
大関昇進秋場所を優勝優勝パレード

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード