イズミヤ寝屋川店の屋上が十数年ぶりに開放!屋上遊園地時代の懐かしい写真も

イズミヤ寝屋川店の屋上で「~学んで遊ぼう 水まるかじり!~」が8月6日(土)〜7日(日)に開催されました。

プレスリリースによると、このイベントはイズミヤショッピングセンター(SC)の運営などを行っているエイチ・ツー・オー商業開発と、京阪ホールディングスが企画したワークショップです。

両社は今夏より京阪沿線のイズミヤSCで、共同キャンペーン「水(生命)、芸術、学び~子供たちの未来に~」を開始していて、今回のワークショップは第1弾のイベントとなります。

※この写真のみ2022年3月撮影

こちらが寝屋川市駅側から見たイズミヤ寝屋川店(アドバンスねやがわ1号館)の外観です。

イベントの開催にあたって、この2日間は普段閉鎖されている屋上への階段が通れるようになりました。

5階と屋上を結ぶ階段の壁にはイベントの飾り付けも。

屋上のエレベーターホールに上がると、様々なブースが出されていました。

こちらはお絵描きのブースです。「アートをつくって店と駅にかざろう」も今回のイベントのテーマだったようです。

奥にあった京阪ホールディングスのブースでは、

京阪電車オリジナルグッズが販売されていました。毎年10月に京阪電鉄寝屋川車庫で行われるファミリーレールフェアに近いものを感じるかもしれません。

その隣ではアイスクリームや飲み物も販売されていたので、暑さ対策もばっちりです。

外に出ると、そこには普段は見られない光景が広がっていました。元々この場所は屋上の遊園地だったところです。

イズミヤ寝屋川店の館長の方によると、屋上を一般開放するのは十数年ぶりなのだとか。

5階の休憩スポットには遊園地時代の懐かしい写真が展示されていました。

屋上のイベントの紹介に戻ります。

屋上のブースでは、自由に水遊びできるようになっていました。

夏休み中に水遊び用のおもちゃを作ることができる場は、貴重なのではないでしょうか。

こちらは大阪公立大学工業高等専門学校(公大高専)の「浸水歩行体験」です。簡単な流れるプールの中を長靴で歩くことにより、水の力を体験して知ることができたようです。

パネルの説明によると、国土交通省(整備局)の浸水歩行装置は導入にお金がかかりますが、高専の学生さんらは工夫して自分達で製作したみたいですよ。

京阪ホールディングスによると、エイチ・ツー・オー商業開発と京阪ホールディングスが企画した次のイベントは、8月27日(土)にイズミヤショッピングセンター門真店で開催される予定とのこと。

【地図】

【関連リンク】

※情報提供はこちら