11/14(日)に開催された「ポケットマルシェ in 深北緑地」の様子。秋が深まる緑地内にハンドメイド&クラフトのお店などが並んでた

大阪府営深北緑地(寝屋川市〜大東市)でフリーマーケットの「ポケットマルシェ in 深北緑地」が11月13日(土)〜14日(日)、開催されました。

ポケットマルシェは、2009年に奈良県で始まったワールドワイドがテーマの「蚤の市」です。

現在は関西(奈良県、京都府、大阪府、滋賀県)の8会場に広がっていて、新型コロナウイルスが感染拡大する前の深北緑地では年に4回定期開催されていました。

10月以降は感染状況が落ち着いていることもあり、感染対策を行いながら各地で開催されているようです。

「ポケットマルシェ in 深北緑地」が行われた場所は、第2駐車場の横の水辺広場です。

2日目(11月14日)の15時台の様子を見ていきたいと思います。

時計塔付近の芝生に数十店舗が出店されています。

お店はハンドメイド&クラフトが中心で、お洒落な衣類・雑貨・木工製品・アクセサリー・フラワー製品などが売られている様子でした。

小腹を満たせるキッチンカーの出店も。

このマルシェでは単に「物を売る」のではなく、その雰囲気や空気感、一体感を。そして、何よりも「楽しいね~♪」を大切にしているのだとか。

公式ホームページによると、11〜12月も京都府、滋賀県の会場で開催される予定みたいですよ。(1〜2月、7〜8月の開催予定はなし)

【地図】深北緑地

【関連記事】

※情報提供はこちら