京阪の「きかんしゃトーマス号2020」がラストラン。臨時快速急行として寝屋川市駅と香里園駅にも停車した様子

特別なデザインを施した京阪電鉄の車両「京阪電車きかんしゃトーマス号2020」が12月25日(土)、ラストランを迎えました。

2020年3月28日から運行が始まったラッピング車両で、当初は2021年7月31日までの運行予定でしたが、12月25日までに延長された経緯があります。

この日はラストランを記念して普段は京阪交野線でしか見られないトーマス号が京阪本線・中之島線でも営業列車として運行されました。

〈臨時列車の行程〉
・臨時快速急行:中之島駅〜枚方市駅〜私市駅
・臨時普通:私市駅〜枚方市駅(京阪交野線)
・臨時特急:枚方市駅〜中之島駅
・臨時快速急行:中之島駅〜枚方市駅〜私市駅(今回の記事の列車)
・臨時普通:私市駅〜枚方市駅(京阪交野線)

※京阪電車の公式ホームページより

今回の記事でお伝えするのは14時台に撮影した臨時快速急行(寝屋川市駅~香里園駅)の様子です。

臨時列車の到着時間が近づくと、寝屋川市駅の発車標が普段は見られない表示になりました。京阪交野線直通の快速急行「ひこぼし」は2013年に廃止されたので、それ以来かもしれません。

寝屋川市駅に入ってきたのは、4両編成の短い列車(10000系)です。ラストランのヘッドマーク付き。

1区間だけですが、香里園駅まで実際に乗車してみました。

車内には「きかんしゃトーマスと愉快な仲間たち」の絵がたくさん掲示されていました。短い車両ということもあり、そこそこの乗車率でした。

香里園駅では通過待ちのため5分ほど停車する好条件。

その間に車体の側面を撮影したのですが、きかんしゃトーマスをドアップで見ることができました。

14時20分になると、そのまま枚方市駅や京阪交野線方面へ向けて発車していきました。

「きかんしゃトーマス号2020」の運行はこの日をもって終了しましたが、過去には異なるデザインで運行されていたことがあります(きかんしゃトーマス号20132015など)し、またお目にかかる機会があるかもしれませんね。

【関連記事】

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら