ご当地グルメ「ねやバーガー」が大利町のBar『クロノス』で復活!実際に食べてきた【ねやつーグルメ】

寝屋川市や周辺地域にあるお店の食を紹介する「ねやつーグルメ」のコーナー!

今回紹介するのは、大利町の
Bar「chronos(クロノス)」です。

↑外観。京阪寝屋川市駅から徒歩2分程度のこちらの建物の1階部分です。

以前は1階、2階ともに「Club Bacchus」(クラブバッカス)」として営業していましたが、そこの店長が独立する形で2020年から1階部分で営業を始めた経緯があるそう。(2階部分は現在もバッカスとして営業しています)

こちらのお店はBarですが、今回はトップ画像にもある通りバーガーを食べてきました。それも、ただのバーガーじゃありません。
寝屋川ご当地グルメ
「ねやバーガー」(700円税込)を注文しました!

それがこちら。
白いふわふわのバンズに、寝屋川特産である大葉を練り込んだミンチカツ、チーズ、大葉、キャベツにたっぷりのタルタルソースを挟んだバーガー。

ミンチカツの肉々しさと大葉のさわやかな感じが程よく組み合わさっていて後味もさっぱり! けっこうボリュームあってお腹いっぱいになります。

そもそも「ねやバーガー」って?

「ねや川ご当地グルメを創出する会」が中心となり、寝屋川市民が考えたレシピを元に、寝屋川の食材をふんだんに使ったご当地バーガー。
過去に数回、「ねやバーガー王座決定戦」として市内で大会が行われました。
(2013年の大会についての記事はこちら)

クロノスのねやバーガーは当時「バッカスバーガー」として『ねやバーガー王座決定戦』で優勝した経験もある一品だそう! 現在では市内で数点あったねやバーガーの取扱店でも販売しておらず、元祖ねやバーガーの考案者「Bar TWO SPARK」さんも引退したため、通常時に取り扱っているお店はないみたいです。

ですが、クロノスではコロナにおける時短要請の影響で現在ランチ営業を行っているため、ねやバーガーもランチ限定で通常メニューとして復活しているとのこと。ねやバーガー食べるなら今がチャンスかも?(通常の夜の営業時の場合は事前予約することで食べられるみたいです)

お店の中はこんな感じ。

↑メニューの一部。

寝屋川市駅方面を向いた写真がこちら。隣には柳谷クリニックや、エニタイムフィットネスなどがあります。

反対側を向くとこんな感じ。2軒隣には居酒屋「すとっぷ」などが。

こちらのクロノスではお酒はもちろんですがフードメニューも結構充実していて、お店に行ったことがある友人によると「オムライスが絶品!」とのことでした。次回行った時はオムライス食べてみたい!

【お店情報】

・店名:Bar chronos(クロノス)
・営業時間:20:00~翌5:00 ※現在は時短営業につき 平日17:00~21:00/土日15:00〜21:00(L.O20:30)
・定休日:火曜日
※営業時間や定休日は変更になる可能性もあるので、来店時は事前にお問い合わせください。
・住所:寝屋川市大利町1−11
・電話番号:072−839−1097

【地図】

【関連記事】
肉厚カツのボリュームサンド!「まちゃキッチン」(ベル大利)の『豚ロースカツレツサンド』【ねやつーグルメ】(2021年2月)
Sushi Dining ほまれ(大利町)で食べた「お寿司ランチ」【寝屋川グルメ】(2020年10月)