「すし処 深廣」の『本格活け〆はまちトロ』など(ららぽーと門真 黒門市場)【ねやつーグルメ】

ねやつーメンバーが自分で食べにいったお店を紹介する【ねやつーグルメ】

今回が食べたのは、先日プレオープンしたららぽーと門真の黒門市場内にある…

すし処 深廣の…

「本格活け〆はまちトロ(435)」です!
(※価格は2023年4月12日時点のものです。表記している価格はすべて総額表示です)

先日ららぽーと門真記事ラッシュをお届けしましたが、それらの記事は途中までずっと黒門市場で書いていたんですが、やたらとこちらのお店にテレビクルーが入っていたのを見ていまして、そんなに注目店なのかと気になって利用してきました。

創業120年の黒門市場の大卸の名門店舗なんだそうですよ〜。

座席はレーンで運ばれてくるテーブル席と職人手渡しのカウンター席がありまして、1人利用ということでカウンター席に。

テーブルにはポン酢や醤油に割り箸など。

注文はすべてタブレットで行いまして、ページ数があるのでスライドショー↓

横にスライドできます!

で、本格活け〆はまちトロですよ。んもう脂ののりっぷりがすごくて、甘みがしゅご〜〜〜い!!!

それでいて出世先のブリとの違いといいますか、結構コリコリさも残しているんですよ!若さ〜!最高やん!

普通の「本格活け〆はまち(319円)」も厚みがあるおいしいハマチ。ほどよい食感にあまみ。人類はもっとハマチを食べるべきと再認識した瞬間でした。2皿食べた。

「生金目鯛1貫(366円)」はもうコッリコリの爽やかレモンの最高のヘブンですよ(意味不明)。

見た目からして美しい朱色。食べちゃって良いんですか?ってなりますよね。そこからの口で幸せ噛みしめる感じ。

はい調子にのりました。「とろとろ大トロ1貫(495円)」です。ワンコイン〜!

もうこれも脂の甘みがね〜すーーーっと入ってくる感じ。そして儚げに「I’ll be back」っていいながら溶鉱炉みたいな口の中に消えていくんですね。本当は溶鉱炉に沈みながら言うセリフじゃないんですけどね。

大トロが量産できたら世界は平和になるんじゃないか、そういう論者になりました。おいしい。

今回食べたのをまとめると……

やっぱテレビが注目するお店ってええな〜おいしかったです!!

すし処 深廣 ららぽーと門真店
営業時間
11:00-22:00(L.O.21:30)
住所
大阪府門真市松生町1-11ららぽーと門真1階
電話番号
06-6906-3330
駐車場関連リンク
ららぽーと門真のページ
※店舗情報、記事内に掲載している商品、価格等は取材時点のものです。

ねやつーも載ってる!
寝屋川と枚方と門真の情報を集めた本が10月3日に発売されました↓


広告の後にも続きます

広告の後にも続きます