摂大生が世界大学スポーツクライミング大会で入賞

摂南大学の井亮瑛さんが「2022 FISU世界大学スポーツクライミング選手権大会」のリード種目で7位に入賞しています。

摂南大学寝屋川キャンパス

摂南大学によると、抜井さんは6月13日~17日にオーストリアで行われた大会に日本代表として出場し、登った壁の高さを競うリードの種目で好成績を樹立。

<スポーツクライミングの3種目>
・リード:壁の登った高さを競う種目
・ボルダリング:登った課題の数を競う種目
・スピード:壁を登る速さを競う種目
Seiko HEART BEAT Magazineより

ボルダリングやスピードの種目と比べると競技歴が浅く、準備期間も短かったということですが、これまでボルダリングで培ってきた力を生かせたということです。

摂南大学では4月に「スポーツクライミング部」が発足してヘッドコーチが就任しました

1年目で選手が結果を出していますし、今後も活躍が期待できますね。

◆関連リンク

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら