【7/8(水)未明発表】寝屋川市に大雨・洪水警報が発令中。~8日朝まで浸水・河川の増水、昼前まで土砂災害に警戒が必要~

西日本に停滞する活発な梅雨前線の活動により総雨量が増加しているのを受け、7月8日(水)未明に大雨(土砂災害、浸水害)・洪水警報が寝屋川市に対して発令されました。

P3130630
※資料写真

今回の梅雨前線による大雨は九州地方に甚大な被害をもたらしているのは皆さんご存じかと思いますが、近畿地方でもこれまでの雨で地盤が緩んでいるところが多くなっているようです。

寝屋川市で発令されたのは、大雨警報(土砂災害)が午前3時47分、大雨(浸水害)、洪水警報が午前4時31分のことでした。(寝屋川市では強風、雷注意報も発令中です。)

気象庁の発表によると、大阪府では8日(水)昼前まで土砂災害に、8日(水)朝まで低い土地の浸水や河川の増水に警戒が必要とのことです。

また大阪府では5時08分現在、竜巻注意情報が発令されています。積乱雲の下で発生する竜巻、ダウンバースト等による激しい突風が発生しやすくなっているので、こちらもご注意ください。(有効期間は発表から1時間です。注意すべき状況が続く場合には、竜巻注意情報が再度発表されます。)

これから通勤される方は、お気をつけて!(記事作成時点で学研都市線(片町線)は通常通り運転中ですが、おおさか東線が大和路線(関西本線)とともに運転を見合わせています。最新かつ詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。)

【災害に関する情報】
・寝屋川市公式ホームページ
・気象庁公式ホームページ
関西電力からのお願い

【電車の運行状況】
・京阪電車運行情報
・JR西日本運行状況
・Osaka Metro運行状況
・大阪モノレール運行状況
日本道路交通情報センター
・西日本高速道路ハイウェイ情報

~午前7時13分の補足情報~

洪水警報は解除されて注意報となりました。

【関連記事】
・2018年の台風21号(当日の被害状況翌日の被害状況