高柳で起きた殺人事件の容疑者が凶器を豊里大橋付近の淀川に捨てたと供述

9月12日(火)に高柳2丁目(寝屋川市西部)の文化住宅で発生した殺人事件で、69歳男性を殺害した容疑で逮捕された同居人の次男(31歳)が、凶器の刃物を豊里大橋付近の淀川に捨てたと供述していることが分かりました。

P1740430
※資料写真(豊里大橋付近の淀川、2016年8月撮影)


新聞(9月22日配信)で報じられていました。

・LINK:寝屋川父親殺害事件、淀川で凶器を捜索 大阪(産経新聞、2017年9月22日配信)

容疑者は逮捕時から「凶器は近くの川に捨てた」と供述していましたが、その場所は守口市駅からほど近い大阪市旭区の豊里大橋付近を指していたようで、警察による船を使った捜索活動が行われたみたいです。
P1740401
※資料写真(豊里大橋付近の淀川、2016年8月撮影)

殺害の動機など詳しい事件の詳細を引き続き調べているとのこと。


【地図】寝屋川市高柳2丁目

【関連記事】
堀溝の民家で殺人事件が発生。夫が介護疲れを動機として供述(2016年5月)
萱島駅南東1kmの民家で4人が殺傷される事件が発生(2016年10月)