多額の競馬配当金無申告で有罪判決を受けた寝屋川市の職員を懲戒免職処分

多額の競馬の配当金(約1億6300万円)を申告せず所得を隠したとされる寝屋川市の職員が、懲戒免職処分になったことが分かりました。

P1690651

5月9日の公判で脱税の有罪判決(懲役6か月、執行猶予2年、罰金1200万円)が出たことに伴う措置で、各社が一斉に報じています。

的中馬券3億円申告せず 有罪の元課長懲戒免職(毎日新聞、2018年5月22日)

競馬脱税で有罪の職員免職 大阪・寝屋川(産経新聞、2018年5月22日)

被告は2016年10月に脱税で在宅起訴されていて、これまでは休職中の状態でした。(脱税した当時の役職は固定資産税課の課長。)

本人は「有罪判決に不服」として、控訴しているとのこと。

【関連記事】
寝屋川市職員が多額の競馬の配当金を無申告。大阪地検が脱税で在宅起訴(2016年10月)
競馬の高額配当金無申告の寝屋川市職員に有罪判決(2018年5月)

※「ひろき」さん、「悪人役人」さん、情報提供ありがとうございました!