近畿地方が平年より10日遅く梅雨明け。〜寝屋川市は8/2(日)から連日猛暑日の予報〜

大阪管区気象台が7月31日(金)午前11時に近畿地方の梅雨明けを宣言しました。

寝屋川公園の噴水-12
※資料写真(寝屋川公園、7月下旬に撮影)

発表(pdfファイル)によると、この日の近畿地方は湿った空気の影響で雲の広がっている所があるものの、向こう1週間は高気圧に覆われて晴れの日が多くなる見込みであることから、梅雨明け宣言に至ったそうです。

LINK:大阪管区気象台公式ホームページ
大阪管区気象台


統計データで見ると、今年の梅雨明けは
昨年より7日遅く、平年(7月21日=過去30年間の平均)より10日遅いのが特徴です。これは梅雨明けを特定しなかった年を除くと、過去3番目となる記録的な遅さなのだとか。

降水量も多く、九州地方などで甚大な被害が発生。寝屋川市では7月8日に大雨・洪水警報が発令されました。

〈6/10〜7/30の降水量の合計〉
・大阪:582.0mm(平年307.1mm)
・枚方:638.5mm(平年335.9mm)
※大阪管区気象台の発表

梅雨が明けたら本格的な夏が到来するわけですが、寝屋川市は8月2日(日)から連日猛暑日(最高気温が35℃以上の日)になる天気予報となっています。
 

気温が高くなると心配されるのが熱中症。特に今年は新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が求められるなど、熱中症になりやすい環境なのではないかと思います。

水分・塩分補給や十分な睡眠時間の確保など、健康管理には十分ご注意ください。


【関連記事】
・梅雨入り(
2015年2016年2018年2020年
・梅雨明け(
2014年2015年2016年