寝屋南の産廃施設で12/11(土)深夜に火災が発生。ゴミ置き場の電化製品が燃えるなどの被害

寝屋川市寝屋南1丁目の産業廃棄物処理施設で12月11日(土)深夜に火災が発生しました。

※資料写真(寝屋川消防署)

朝日新聞の記事(12月11日配信)によると、119番通報があったのは午前0時15分のことで、約3時間燃え続けた火災により、ゴミ置き場にあった電化製品や事務所の外壁の一部などが焼けたということです。

Twitterで火災の様子を伝える投稿がいくつかありました。

火災発生現場から離れたところまでプラスチックが焼けたような匂いがしたようです。

読者の方からは打上川の下流(上観音橋付近)に流れ着いた消火剤の写真をいただいています。

〈匿名希望さんの投稿文〉原文ママ
寝屋川の上観音橋付近から見た打ち上げ川の寝屋川への合流地点の写真です。時間は21時頃。大量の泡が浮いていました。
警察に連絡した所、打ち上げ川の上流にて火事があり、その時の消化材であることがわかりました。
何が流されたのかと、びっくりしました。

火災発生現場は寝屋川市クリーンセンターや第二京阪道路の近くです。

12月12日(日)のお昼ごろに現地を訪れると、近くを流れる打上川に消火剤が僅かに残っていたものの、周囲の道路から目立った焼け跡は見えず、平穏を取り戻している様子でした。

【地図】寝屋川市寝屋南1丁目

【関連記事】

※「東寝屋川市民」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら