寝屋川市が学校や図書館などの公共施設を再開。~新型コロナ対応フェーズ「2」への引き下げで~

新型コロナウイルス感染症の影響で2月29日から休校していた寝屋川市立小・中学校が6月1日(月)に再開しました。

P3130630

市の対応フェーズ引き下げ(2.5⇒2)に伴う措置で、図書館などの公共施設も3か月ぶりに利用できるようになりました!

〈フェーズ2.5〉(5月21日~31日、詳しくはこちら
・市役所:開庁(窓口の縮小、郵送など一部手続きの簡素化など)
・公共施設:閉鎖(ただし状況によって変更あり)
・市立学校園:完全休校園(自主登校園の実施なし)
・留守家庭児童会:開会とする。ただし原則、家庭での保育を要請
・市立保育所:開所とする。ただし原則、家庭での保育を要請
・市民:外出自粛要請、場合によっては、より強い自宅待機要請を求める場合がある。
・各種団体:活動自粛要請
・市民周知:防災無線、広報車による広報、新聞折り込み広告、市ホームページ、メールねやがわでお知らせ

〈フェーズ2〉(6月1日から)
・市役所:開庁(各種手続き平常通り)
・公共施設:一部閉鎖
・市立学校園:感染予防策を講じた上で、通常登校園
・市民:3密を避ける行動をする。感染者が出た場合、寝屋川市保健所が速やかに感染者の行動確認の上、濃厚接触者を特定、必要な措置を講じる

・各種団体:感染予防対策を講じた上での活動を要請
・市民周知:防災無線、市ホームページ、メールねやがわでお知らせ

このまま感染者の抑制が続けば、6月15日(金)には更に対応フェーズを「1」に引き下げる予定をしているとのこと。

当面の間、分散登校(半数ずつの登校)や選択登校制(映像授業の選択が可能)を採用するなど段階的な再開ですが、学校に子供達の声が戻ってきて良かったですね。

【関連記事】新型コロナウイルス関連の記事
・寝屋川市に感染者(1例目2例目3例目12例目
・10万円の給付金(受付開始申請書の発送
緊急支援パッケージを策定(2020年5月)