忍ケ丘駅の北側に「青い車 coffee roaster」が開店してる。珈琲自家焙煎のお店でブラジルのコーヒーをテイクアウトしてみた

JR忍ケ丘駅前(四條畷市岡山東2丁目)に珈琲店の「青い車 coffee roaster」が開店しています。

自家焙煎のコーヒー豆やその場でハンドドリップしたドリンクをテイクアウトできるお店で、7月26日から営業を開始しました。

お店の場所は忍ヶ丘駅から線路沿いの小道を北に進み、少し行ったところです。(左手に見えているのはグルメシティ忍ヶ丘店、真上にあるのは大阪方面行きのホーム)

※今回の記事はホワイトバランスの設定の不備で実際よりも黄色く見えています。

店内に入ってみたいと思います。

店内は待合スペースのみのシンプルな構造です。

カウンターにはコーヒー豆や焙煎機が。

コーヒー豆の種類は全部で5種類(ブラジル、コロンビア、グアテマラ、インドネシア、コスタリカ)あります。産地によって香りや味が異なるそうです。

展示されたコーヒーを試飲することも可能です。5種類を見比べると、色合いの違いも見えてきます。

色々迷ったのですが、今回は「ブラジル」のコーヒーをドリンクでテイクアウトすることにしました。

コーヒーのハンドドリップはコーヒー豆を計量するところから始まります。

なんか理科の実験みたい(笑)

ゆっくりポタポタと落ちるコーヒーを眺めると、心が穏やかになりそうです。今回はアイスコーヒーで注文したので、コーヒーがたまった容器を氷水につける工程も加わります。

容器は「青い車」のロゴが入ったオリジナルのものです。受け取ったらお金を払って終了です~。

今回はお店でドリップしてもらいましたが、コーヒー豆を購入して自宅で作っても十分美味しく飲めるみたいですよ。

本格的なコーヒーを飲むことができ、良かったです。

【お店情報】

・店名:青い車 coffee roaster
・営業時間:火曜日〜金曜日10:00-19:00/土日祝 9:00-17:00
・定休日:月曜日
・住所:大阪府四條畷市岡山東2-1-11 忍ケ丘ショッパーズビル2号館1階
・電話番号:072-813-3187
・駐車場:無し
・リンク:Instagram

【地図】

【関連記事】