香里園駅の定期券売り場横に「新潟をこめ」が催事出店してる。梅田にもある新潟県の情報発信拠点。8/21(土)まで

京阪香里園駅構内に新潟県の関西情報発信拠点「新潟をこめ」が8月6日(金)から催事出店を始めています。

ホワイティうめだ(梅田地下街)にあるお店が2週間だけ香里園に店外出店するような形です。

※写真の左奥がフレスト香里園店

お店の場所は香里園駅東口の定期券売り場の横(6月末までJTB京阪トラベル香里園店があったところ)です。

店内の様子も撮らせていただきました。

店内には新潟県の名産品が並んでいます。

レジの左横には「笹だんご」と「枝豆」があります。「笹だんご」は新潟名物の代名詞とも言える商品で、笹だんごの「粒あん」は物販商品の中で一番人気なのだとか。「枝豆王国 新潟」は新潟県が全国で1位の枝豆消費量(生産量は7位)を誇ることから、このように表現されているようです。

新潟県といえば、やはりお米が有名ですね〜。その延長線上で米菓も美味しいみたいです。

こちらは加工食品のコーナーです。納豆好きの方は必見です。

「バスセンターのカレー」は新潟県のB級グルメとして有名なのだとか。レトルト商品なので調理も簡単。

「かきたね」のようなお菓子や、

ドーナツ、カステラなどもありましたよ。(この記事で紹介したのは一部の商品です。詳しく知りたい方は公式ホームページをご覧ください。)

「新潟をこめ」の催事出店は8月21日(土)まで営業する予定です。

香里園駅を利用される際は、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【地図】

【関連記事】
香里園駅構内のJTB京阪トラベルが6/30(水)の閉店を発表してる(2021年5月)

※「香里園住人」さん、「ちゃー」さん、「あいごん」さん、情報提供ありがとうございました!