萱島東交差点近くの「讃良食堂」が『喫茶店ピノキオ』になるみたい

讃良西町の「讃良食堂」が『喫茶店ピノキオ 寝屋川讃良店』に業態変更することが分かりました。

運営元のフジオフードグループ本社が公式ホームページで3月以降の「喫茶店ピノキオ」のオープン予定を発表しています。

お店の場所は府道21号八尾枚方線沿いで、寝屋川市街から向かうと萱島東交差点や第二京阪道路の手前まで来たところです。

反対側を振り返ると、こんな感じ。

現在営業している「讃良食堂」は、全国に300店舗以上ある『まいどおおきに食堂』(店舗名は地名+食堂)のお店です。ご飯、玉子焼き、みそ汁などのメニューを利用者が取るセルフ方式が導入されています。

ピノキオ寝屋川池田店で食べたピノキオプレート(2021年11月)

それに対して「喫茶店 ピノキオ」はハンバーグやオムライス、珈琲などを味わえるお店です。

ピノキオ寝屋川池田店(2021年11月)

寝屋川市内では池田3丁目にあった天ぷら店「えびのや」が『喫茶店ピノキオ』に業態変更した事例があります。お隣の枚方市でも「枚方高野道食堂」が4月5日から『喫茶店ピノキオ』になりました

讃良食堂が「喫茶ピノキオ」になる時期は不明ですが、業態変更すれば寝屋川市南部の住民でも行きやすくなるのではないでしょうか。

開店したら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】

※情報提供はこちら