香里西之町に「夜のパン屋さん」が開店してる。グランドオープン後はパンとワインを提供するお店になるみたい

香里西之町に「夜のパン屋さん」というお店が10月1日(金)、開店しました。

9月4日の記事でお伝えしたように「パンとワインなどのお酒を提供する」コンセプトのお店で、お酒なしの限定メニューにてプレ営業を開始したようです。

お店の場所は香里園駅周辺、万代 香里西店スギ薬局 香里西店などからほど近い府道148号木屋交野線沿いです。これは京阪電車の踏切がある方向を向いた写真。

反対側を向くとこんな感じ。この先は香里自動車教習所などがある方面です。

入口の前にはお店の看板が。ちょっとした隠れ家みたいな雰囲気のお店ですね。

中に入ってみたいと思います。

店内は黒を基調としたバーのような雰囲気です。一般的なパン屋のような持ち帰りメニューもありません。

このようなお店が誕生した理由を店主の方(女性)に伺ったところ「居酒屋とは違ったお店を出したい」「身近なパンと組み合わせることでワインの敷居を下げたい」という思いがあるからなんだそう。

女性が仕事帰りなどにふらっと1人で入りやすいような雰囲気のお店を目指しているみたいですよ。

現在はプレオープン中のため、2種類のパン(シナモンロール、バケット)とドリンク(コーヒーor紅茶)の限定メニューです。

左がシナモン、右がバケットです。実際に注文する時はシナモンがハーフかクォーターのどちらかになります。

今回はシナモンをハーフ、ドリンクを紅茶にして注文してみました。それがこちら。(税込み700円 ※クォーターにした場合は500円)

紅茶はコップを持ったら熱さを感じるぐらいの熱々。パンも焼きたてで温かったです。パンは持ち帰って食べることが多いですし、お店で食べるだけでも普段とは異なる雰囲気を味わうことができました。

プレオープン中の営業時間は15〜20時(不定休)です。現在ゴールドステッカーの取得申請中で、お酒を扱うグランドオープン(10月11日ごろを目標)後の営業時間は15時から21時まで。完全に規制がなくなった際には、18〜24時の営業を目指しているとのこと。

【地図】

【関連記事】