JA香里支店の新ビルの建設工事が始まってる。京阪の高架化事業で数十m移転する計画

香里南之町で北河内農業協同組合(JA北河内)香里支店の新しいビルを建設する工事が始まっています。

JA香里ビルは現在香里園駅の南東にありますが、京阪本線連続立体交差事業(2013年事業認可、2032年完成予定)に伴い、近隣に移転するものです。

こちらが現在のJA香里ビルです。4階建ての建物にJAのほか、シティ・ステーション(市役所の出張所)や歯科医院などが入居しています。

※線路の奥の空き地の部分

移転先は、線路の東側の道路を第三中学校方面へ南下したところ(現在のビルの2軒南側)です。

高架化事業の進捗で空き地が広がっていた頃の様子とは、様変わりしているのが分かります。フェンスに以下のような看板が設置されています。

その情報によると、この場所に建設されるのは地上8階建て、高さ約29mの事務所・共同住宅です。下層階に「JA香里支店の新店舗」などが入居し、上の階はマンションになることが予想できますね。

開発予定期間は2020年8月の記事でもお伝えしたように2020年12月1日から2022年5月31日の約2年半です。

工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】
JA北河内香里支店近くで行われた「野菜の即売会」の様子(2020年11月)
JA北河内がペットボトル入りの無洗米を販売してる。香里支店などに登場した自販機は災害対応(2020年11月)
JA香里支店に移転計画。8階建てのビルを建設へ(2020年8月)

※「ポポンタ」さん、情報提供ありがとうございました!