第二京阪道路で見かけたポイ捨て禁止の看板の表現が独特

寝屋川公園近くを通る第二京阪道路の側道(国道1号バイパスの一般道路部)でポイ捨ての禁止を訴えかける看板を見かけました。

その看板には「この道路でゴミを捨てているのは、ほんの一部のドライバーだけです。」と書かれており、独特の表現なのが分かります。

続きがあるようなので順番に移動して見ていきましょう。

2つ目の看板には、

「そのドライバーですら、ゴミの多い道路は嫌と言うのです。」とあります。どうやらポイ捨てする人の心理に訴えかけているようです。

3つ目の看板には、

「ゴミを捨てないで下さい。誰もがゴミのない道路を望んでいます。」というお願いが。それだけポイ捨てが多いということでしょうか。

不法投棄に罰則があるからというだけでなく、1人1人の心がけでゴミのない道路を実現していきたいものですね。

【地図】

【関連記事】
寝屋川公園でゴミ箱を撤去する試み。大阪府が進める「ゴミ0計画」の一環で(2018年4月)