【ワクチン接種】65歳以上への接種について、寝屋川市は政府の目標よりも早い完了見込みみたい。産経新聞で取り上げられてる

寝屋川市の新型コロナワクチン接種について、65歳以上の高齢者のうち希望者全員への接種完了が、政府の目標よりも早い見込みであることが分かりました。

政府は、65歳以上の高齢者のうち希望者全員への接種完了(2回接種)を全国で7月末までに完了させることを目標としています。(政府が5月12日に公表した調査結果によると、全国の自治体の85%が「7月末までに完了できる見込み」と回答した模様です。詳しくは毎日新聞の記事を参照)

今回、産経新聞が独自に大阪府内の43市町村にアンケートをとったところ、各市町村が完了の見込みを回答。43市町村のうち寝屋川市、松原市、田尻町の3市町が政府の方針よりも早い時期を示したみたいです。


産経新聞の記事によると寝屋川市は対象者の接種完了時期を6月末目標としているほか、平日だけでなく土日の接種にも対応して迅速に進めているとのこと。(土日の接種に対応しているのは府内では寝屋川市と松原市のみ)

そのほか、記事内では寝屋川市の接種状況についてや、他市町村の状況などについても記載されていますので興味のある方は産経新聞オンラインより読んでみてください。


寝屋川つーしんでも今までに何度かお伝えしているとおり、寝屋川市は優先度や年齢、ワクチン供給状況などに応じて細かく接種券を発送することで混乱解消を図る市独自の接種体制「寝屋川モデル」を発表しています。

寝屋川市企画三課提供

また、寝屋川市は接種券の発送状況を公式サイトで毎日報告しています。それによると、5月28日(金)時点で78歳以上に発送を完了。6月19日までに65歳以上の人全員の接種券を発送完了する見込みとのことです。

【関連記事】
寝屋川市で新型コロナワクチンの接種が始まってる。寝屋川モデルに基づいて高齢者施設からスタートした様子(2021年4月)
寝屋川市のワクチン接種券発送は5/20時点で約1万5000人。施設等入所高齢者に続いて82歳まで発送済み(2020年5月)