太陽の周りに虹色の雲が発生。寝屋川市でもハロが観測できたみたい【寝屋川フォト】

太陽の周りに虹色の雲が発生しているのが4月23日(金)午前11時30分ごろ、撮影されたみたいです。

今回の記事は、読者の方が撮影した写真のご紹介です。

〈ネヤゲンさんの投稿文〉
太陽の周りに虹色の雲発生。
2021/04/23 11:30撮影
太陽の周りに現れる、虹のような光の輪のことをハロ・日暈(ひがさ)ともいいます。
ハロは、雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできる現象。うす~い雲が太陽にかかった時に見えます。
2枚目の写真 中央の黒い円盤は太陽を隠す為です。

この日は太陽を覆う薄い雲が広がり、西日本の広い範囲でハロが発生した模様です。

太陽の周りにできた虹色の雲は、雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできたものなのだとか。理屈はアークと同じですが、発生する場所によって名称が変わってくる(太陽の周りにできるのがハロ)みたいですよ。

ネヤゲンさん、写真のご投稿ありがとうございました!

【関連記事】
・市内で観測された皆既月食(2014年10月2018年1月
400年ぶりに最接近した木星と土星(2020年12月)
市内で観測された月面X(2021年4月)

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます