実はレアな光景!? 自転車横断帯が横断歩道の外側にある三井秦団地前の交差点

三井団地の南側(打上川治水緑地の東側)にある府道18号枚方交野寝屋川線の交差点では、少しだけレアな光景を目にすることができます。

こちらの横断歩道なのですが、普通の横断歩道とは少しだけ白線の引き方が異なっています。一体何がどのように違うのか分かりますか…?

P1620066

同じ交差点にある別の横断歩道を見ていきましょう。そうすると違いが分かってくるのではないでしょうか。
P1620101

正解を発表すると、「通常は交差点の内側にある自転車横断帯が外側にある」でした!消えかかっていて停止線に見えがちですが、実は横断歩道の一部だったのです!
P1620099

自転車横断帯が交差点の外側に引かれている理由は、寝屋川の北側(府道の対岸)にあるサイクリングロードと関係していそうです。
P1620073

P1620076

おそらくサイクリングロードに近い方に自転車横断帯を設置したのでしょう。その結果、少しだけレア?な光景が発生しています。

どれだけの人がこういった細かいことまで意識して通行しているのかは分かりませんが、色々と安全になるように考えてあるのですね。

場所は三井秦団地バス停前。気になる方は一度目を向けてみてください。

【地図】

【関連記事】
梅が丘小学校前の横断歩道がカラー舗装に(2016年3月)