電話の受話器のオブジェがある「もしもし公園」【寝屋川珍百景】

桜木町の友呂岐緑地を歩いていると、電話の受話器のオブジェが置かれた「もしもし公園」というところに出くわします。

用水路沿いにある狭い公園なのですが、公園の真ん中に他の公園では見られないオブジェが置かれているのです。

受話器のところに小さな穴があるので、もしかすると会話ができたりするのかもしれません。

友呂岐緑地はメロン公園やタコ型の滑り台があるタコ公園など、様々な名称の公園があります。

これらの公園の名称は寝屋川市の公式ホームページやグーグルマップにも掲載されており、広く定着しているようです。3.5kmにわたって緑地や遊歩道が続くだけでなく、所々に遊べる場所があるのも友呂岐緑地の魅力と言えそうです。

【地図】

【関連記事】
名探偵コナンで遠山和葉が服部平次を待っていた公園はどこ?(2020年7月)
友呂岐緑地にある史跡「三枚板船」(2021年1月)