寝屋川市内の外環で高槻までの距離が増える案内標識を見つけた

寝屋川市内の国道170号線(外環状線)で距離の表示が食い違う案内標識を見つけました。

高槻までの距離が案内されているのですが、つじつまが合わないことになっているのです。

1つ目の標識がこちら。

旧イオンモール寝屋川(緑町)前の歩道橋に設置されている案内標識です。それには「高槻8km、枚方6km」と書かれています。

続いて約1km先の豊里町にある国道170号線(旧国道1号線)の案内標識を見たいと思います。

それによると「高槻9km、枚方6km」と書かれています。緑町の標識は「高槻8km、枚方6km」と案内していたので、高槻までの距離が遠くなっています。

緑町の標識は淀川新橋経由で案内していたのに対して、豊郷町の標識は枚方大橋経由で案内しているということでしょうか。

それにしても枚方までの距離が2地点とも変わらない理由は謎ですね。

【地図】

【関連記事】