SNSでも話題!寝屋川の会社がトリックアートの車を走らせてる

寝屋川市の会社がトリックアートのデザインを施した車を走らせています。

後ろのガラスに看板が突き刺さったように見えるデザインが特徴で、SNSに目撃情報が投稿されるなど話題になっているようです。

今回はこの車を走らせている「株式会社ORES」(寝屋川市平池町)の代表取締役・福元さんにお話を伺いました。

福元さんによると、株式会社ORESは看板や広告などを手掛けている会社で、「噂になるぐらいの超インパクトのある看板」づくりを得意にしています。同社の強みをアピールするため、営業や資材の運搬に使う車のリアガラスをこのようなデザインにしたのだとか。

デザインを決めるにあたっては、歩行者の目につきやすい左斜めから見た時に飛び出るデザインにしたそうです。車のリアガラスにシートを貼り付けてから窓枠に沿って切り取り、施工したのだとか。

間近で見ると、真後ろや右斜め後ろからでも飛び出て見える印象を受けました。

この車は寝屋川市内だけでなく、無料見積もりに対応している大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀を走っていることが多いそうです。

同社のトリックアートが施された車は1台しかありませんが、「うちの会社の車もトリックアートのデザインにして欲しい」という依頼もあるらしいので、色々なデザインのものが見られるかもしれませんね。

【関連記事】

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら