寝屋川市駅前の早子町と東大利町。事業所数が多いのはどっち?【寝屋川クイズ#367】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

寝屋川クイズ#367

Q:

(1)早子町
(2)東大利町
(3)全く同じ

寝屋川市駅東口の早子町と西口の東大利町。事業所(お店や会社の事務所、病院など)の数を比べると、どちらが多いでしょうか。

※資料写真(寝屋川市駅)

正解は、






(1)の「早子町」でした!

ソースは寝屋川市のあらゆる基礎的な統計情報を掲載した寝屋川市統計書2019です。第3章「事業所」の3に「町別、産業(大分類)別事業所数および従業者数の推移」のデータが掲載されています。

それによると、選択肢の事業所数は以下の通りです。

(1)早子町:205(従業者数:2874人)
・代表例:イズミヤ、ラッキー、フレストなど
(2)東大利町:174(従業者数:1055人)
・代表例:万代寝屋川店など
(参考)八坂町:206(従業者数:2247人)
・代表例:藤本病院、松島病院など

寝屋川市統計書2019年版より

早子町の205に対して東大利町は174で、早子町の方が多いという結果になります。従業者数で比べると、3倍近くの差があるのが分かります。やはり大型商業施設の「アドバンスねやがわ」があることが影響しているのでしょうか。

ちなみに事業所数は早子町と東大利町よりも八坂町の方が多い結果になります。寝屋川市駅前は西口より東口の方が経済活動が活発ということなんですかね。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】
医師、歯科医師、薬剤師。この中で最も多い医療関係従事者はどれ?【寝屋川クイズ#292】(2021年5月)