国道1号線と旧1号線。寝屋川市内の区間でコンビニの数が多いのはどっち?【寝屋川クイズ】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:寝屋川市内の区間でコンビニの店舗数が多いのは、どちらでしょうか?

(1)国道1号線(寝屋川バイパス)
(2)旧国道1号線(国道170号線+府道13号京都守口線)
(3)同じ

大阪と京都を結ぶ2つの幹線道路を比較すると、寝屋川市内の道路沿いにコンビニの数が多いのはどちらでしょうか。

正解は、






(2)の「旧国道1号線でした!

2つの道路沿いにあるコンビニの店舗は、以下の通りです。

(1)国道1号線(寝屋川バイパス):4店舗
・セブンイレブン寝屋川木屋元町店
・セブンイレブン寝屋川仁和寺本町店
・ローソン寝屋川太間東町店
・ローソン寝屋川点野五丁目店

(2)旧国道1号線(国道170号線+府道13号線):5店舗
・ローソン寝屋川豊里町店
・ローソン寝屋川池田三丁目店
・ローソン寝屋川葛原新町店
ローソン寝屋川葛原二丁目店
ファミリーマート寝屋川マルハン店

大阪と京都を結ぶメインルートは国道1号線(寝屋川バイパス)ですが、道路沿いのコンビニの店舗数は旧国道1号線(国道170号線+府道13号京都守口線)に軍配が挙がります。

理由は不明ですが、国道1号線が水路と並行している(3店舗は全て大阪方面行き)ことや、旧国道1号線の方が市街地を通っていることなどが影響しているのかもしれません。

全9店舗中6店舗がローソンというのも、興味深いです。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】

※情報提供はこちら

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます