2021年度公立高校入試で最も競争率が高い寝屋川市の学校はどこ?【寝屋川クイズ#236】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

寝屋川クイズ#236

Q:2021年度大阪府公立高校入試で最も競争率が高い寝屋川市の学校はどこでしょうか?
(1)寝屋川高校
(2)西寝屋川高校
(3)北かわち皐が丘高校

2021年度(令和3年度)大阪府公立高等学校一般入学者選抜(全日制)の志願が3月5日(金)14時に締め切られ、6日(土)に各高校の志願者数や競争率が最終発表されました。

寝屋川市内にある府立高校3校のうち、最も競争率(倍率)が高いのは、どこの学校でしょうか?

※選択肢のうちの1つの学校

正解は、






(1)の「寝屋川高校」でした!

大阪府の発表によると、2021年度公立高校入試の競争率(志願者数/定員)は以下の通りです。

(1)寝屋川高校

・志願者数:416人

・定員:320人

・競争率:1.30

(2)西寝屋川高校

・志願者数:238人

・定員:240人

・競争率:0.99

(3)北かわち皐が丘高校

・志願者数:274人

・定員:240人

・競争率:1.14

寝屋川高校は3校の中で定員(320人)が最も多いにも関わらず416人が志願していて、競争率は1.30に達しています。100人近くが不合格になることを考えると、競争率の高さを実感できますね。

西寝屋川高校(競争率0.99)は理論上全員合格、北かわち皐が丘高校(競争率1.14)は34人が不合格となる計算です。

ちなみに今年の競争率は、ほぼ例年通りの志願状況のようです。

〈2020年度〉

・寝屋川高校(426人/360人:1.18倍)

・西寝屋川高校(243人/240人:1.01倍)

・北かわち皐が丘高校(296人/240人:1.23倍)


〈2019年度〉

・寝屋川高校(459人/360人:1.28倍)

・西寝屋川高校(259人/240人:1.08倍)

・北かわち皐が丘高校(270人/240人:1.13倍)

〈2018年度〉
・寝屋川高校(459人/360人:1.28倍)

・西寝屋川高校(253人/240人:1.05倍)

・北かわち皐が丘高校(249人/240人:1.04倍)

寝屋高校の競争率が高い理由としては、進学実績が良い伝統校であることなどが考えられますね。

皆さんは正解しましたか…?

明日の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】
寝屋川高校は1957年に甲子園で王貞治と2度対戦(2015年6月)