豪栄道関が秋場所を8連勝で角番脱出!単独首位で2度目の優勝も狙える状態!

寝屋川市出身の大関・豪栄道関(31歳、境川部屋)が、大相撲秋場所9日目(9月18日)の碧山関戦に突き落としで勝利して8勝1敗の成績をあげたことが分かりました。

P2020736
※資料写真(日之出町の境川部屋の朝稽古)

豪栄道関は7月の名古屋場所で負け越して今場所を迎えていますが、勝ち越し決定により角番(次の場所で負け越すと番付が下がる状態)の状態を無事脱出。

8連勝で単独首位をキープし、1年ぶり2回目の優勝も十分に狙える位置にいると言えそうです。(7勝2敗の力士は阿武咲関、大翔丸関、貴ノ岩関、千代大龍関の4人。)

今場所は3横綱(白鵬関、稀勢の里関、鶴竜関)と2大関(高安関、照ノ富士関)が休場する異例の事態になっていますが、チャンスを着実に活かしている豪栄道関。

残りの6日間も頑張って欲しいですね。

【関連記事】
・宇良関(
角界入り序の口優勝新十両昇進新入幕
・境川部屋の朝稽古(
2015年2016年2017年
・豪栄道関(
大関昇進秋場所を優勝優勝パレード

※「K」さん、情報提供ありがとうございました!