寝屋川市出身・豪栄道関が引退の意向。「もう精も根も尽き果てました」と語る

関脇への陥落が決まっている寝屋川市出身の大関・豪栄道関(33歳、境川部屋)が2020年の初場所(1月12日~26日)をもって引退する意向を示しました。

P1870734
※資料写真(2016年10月の優勝パレード)

3月の春場所(大阪場所)で10勝以上すれば大関への復帰が可能な立場ですが、「もう精も根も尽き果てました」という理由で決断したようです。

近日中に引退会見が開かれる予定で、報道機関が一斉に速報を報じています。

約5年半続いた大関時代(史上10位の在位33場所)の成績を振り返ると、カド番が9回(歴代ワースト3位)、優勝は1回(2016年9月)でした。

引退を決めたのは残念ですが、お疲れ様と言ってあげたいですね。

【関連記事】
・宇良関(角界入り序の口優勝新十両昇進新入幕
・境川部屋の朝稽古(2015年2016年2017年) 
・豪栄道関(大関昇進秋場所を優勝優勝パレード

※「けんけん」さん、「見島」さん、「Takachan」さん、「名無し」さん、「ひろき」さん、「光善寺ぃぺきん」さん、「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!