JRが7/24(日)に不発弾処理による列車の運転取りやめを実施。おおさか東線(新大阪〜放出)、JR京都線(大阪〜高槻)が対象

7月24日(日)に吹田市の工事現場で不発弾の処理・撤去作業が行われるのに伴い、JRの一部路線で運転の取りやめが行われます。

※おおさか東線の車両(新大阪駅、2019年3月)

特急以外の列車はおおさか東線(新大阪駅〜放出駅)、東海道本線(大阪駅〜高槻駅)が対象で、12時00分頃から夕方まで3時間程度(運転再開は遅れる可能性あり)続く予定です。

発表(PDFファイル)によると、概要は以下の通りです。

〈運転取りやめ区間〉
(1)特急列車
・関西空港方面の特急:京都駅~新大阪駅
・その他の特急 :京都駅~大阪駅

(2)特急以外の列車
・おおさか東線:新大阪駅~放出駅
・東海道本線(JR京都線):大阪駅〜高槻駅

東海道本線(琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線)では、前後の区間でも一部の列車の運転がとりやめとなる計画です。

〈当日の運行計画〉
・新快速:米原駅〜姫路駅で運転を取りやめ
・快速:大阪駅〜高槻駅で運転を取りやめ
・普通:大阪駅〜高槻駅で運転を取り止め。大阪駅~尼崎駅~西明石駅を概ね15分間隔に減便

寝屋川市民は放出駅からおおさか東線を利用する経路、大阪駅から高槻方面を利用する経路で影響しそうです。他社線による振替代行輸送も行われる予定とのこと。

当日の運行計画について詳しく知りたい方は、JR西日本の報道発表資料(PDFファイル)をご覧ください。

【関連記事】

※2021年12月に配信
※2021年7月に配信
※2019年3月に配信

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら