JR西が2023年4月から10円値上げ

JR西日本が2023年4月から10円の加算運賃を設けるようです。

JR西日本のリリース↓

JR西日本によると、国が2021年12月に創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用して、バリアフリー設備の整備を加速させるものです。

整備内容はホームからの転落を防ぐホーム柵(可動式または昇降式)や、転落を検知するホーム安全スクリーンなど。対象エリア全駅の設置に向けて、加算運賃が設けられます。

加算運賃の設定額
(1)普通運賃:10円
(2)通勤定期券:
・1ヶ月:300円
・3ヶ月:900円
・6ヶ月:1800円
(3)通学定期券:対象外

片町線(学研都市線)は京橋駅〜長尾駅が2023年度、長尾駅〜松井山手駅が2025年度から値上げされる模様です。

普通運賃が10円値上げされれば、初乗り運賃は130円から140円に。寝屋川公園駅〜京橋駅は310円から320円に、寝屋川公園駅〜大阪駅は400円から410円になります。

京阪電鉄も加算運賃の設定を8月5日に発表しましたし、鉄道業界全体にこの動きが広がっている印象を受けますね。

◆関連リンク

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら